『乃木坂46ファースト写真集「乃木坂派」』(双葉社)
※画像は『乃木坂46ファースト写真集「乃木坂派」』(双葉社)より

アイドルの肖像 —— 写真集から考える

第2回 いま改めて『乃木坂派』を読む

 2013年10月に刊行された写真集『乃木坂派』(双葉社)は、乃木坂46の記念すべきファースト写真集である。結成が2011年8月21日で、デビューは2012年2月22日だから、デビューから1年半が経った頃ということになる。

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 AKB48の公式ライバルとして結成されたが、デビュー時は、AKB48選抜総選挙が前田敦子か大島優子かで盛り上がりを見せていた時期で、公式ライバルとしての存在感はまだまだ薄かった。だからこそ少数派である『乃木坂派』なのだろう。

 臨海学校という設定で、千葉県の牧場やキャンプ場や海で過ごした全メンバー32名(結成時からすでに4人のメンバーが卒業)の様子が、222カットで構成されている。物撮りはわずかに3カット。総ページ数は160ページ。A4サイズ。多くは集合写真で、時折ひとりで写るカットが差し込まれる。

 どれも積極的に撮られているというよりは、カメラを意識させないショットで、限りなく盗み撮りに近い。なんでも4人の女性写真家とはほぼ初対面とのこと。そう聞けば、まるで本当の臨海学校に同行するカメラマンのような姿が目に浮かぶ。それに、デビューから1年半というタイミングは、ちょうど高校2年の夏に臨海学校にいくのと同じ様なリアルさがある。

【関連記事】

・倉持由香「タワマン購入の次は“e-sportsとグラビアのスタジオ経営”も検討」独占告白8/10【写真45枚】

・乃木坂46伊藤理々杏の本誌未掲載カット3枚を大公開!【EX大衆2月号】

・激動の欅坂46で輝く!?藤吉夏鈴は「ギリギリで生きてみたい」人だということが判明

・乃木坂46「個人PV」ドラマ作品の中の女優・伊藤万理華【乃木坂46「個人PVという実験場」第3回 3/4】

・AKB48小栗有以単独公演「美脚ダンス」で新たな魅力を発揮!【写真11枚】