井上和香写真集『W』(学習研究社)
※画像は井上和香写真集『W』(学習研究社)より

 昔からアイドル界でよく言われるのが、「●●年組が凄い!」という年代ごとのカテゴライズ。古くは小泉今日子中森明菜松本伊代堀ちえみ早見優らを輩出した「1982年デビュー」組がそうだし、宮崎あおい上戸彩蒼井優後藤真希中川翔子らを輩出した「1985年生まれ」組などもしかり。

【人気記事】“童顔巨乳”桜木こなみ「わがままボディ」を限界露出【画像11枚】

 昨今では、川口春奈二階堂ふみ松岡茉優西野七瀬百田夏菜子らを輩出した「1994年生まれ」組や、広瀬すず橋本環奈葵わかな福原遥齋藤飛鳥長濱ねるらを輩出した「1998年生まれ」組(橋本は1999年の早生まれ)がお馴染みだろう。

 そんな中、人気グラドル輩出の意味で、特筆すべき驚異の年があるのをご存じだろうか。芸能ライターの織田祐二氏が語る。

「今日まで20年以上のブーム、ムーヴメントを誇るグラドル界にあって、前述の面々よろしく、生まれた年やブレイクした年を調べてカテゴライズしていけば、ほかにもいろいろ“凄い”顔ぶれが揃いそうですが、極めて特異なケースという意味合いで挙げておきたいのが“1980年生まれ”。

【関連記事】

・木下優樹菜がママタレ以前にグラドルとして輝いていた“喋らない”DVDの貴重な姿

・倉持由香が「後輩グラドルに語り継ぎたい大切なこと」独占告白10/10【写真45枚】

・「山本彩=ホームベース」「水樹たま=土偶」「青山ひかる=ねずみ男」ほかアイドルの残念なあだ名

・綾瀬はるか「女優大ブレイク」前の下積み時代のDVDはタイトル通り揺れまくり!!

・小倉優香、武田玲奈、菜乃花、佐山彩香ほか“ラストグラビア宣言”それぞれの事情