曲名は『100 MAGIC WORDS』。シンバルズの矢野博康によるプロデュースで、当時人気を博していたTommy February 6を彷彿させる、キュートでノスタルジックなユーロビート。彼女の少し鼻にかかった甘い声が魔法となって、極上のポップソングに仕上がっている。グラビアアイドル歌謡史上で間違いなく3本の指に入る名曲だ。

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 カップリングでは同曲を全て英語歌詞で歌っていて、流ちょうな英語を披露している。グループアイドルが乱立する現在でも、英語で歌うアイドルポップスは結構少ない。あのまま英語で歌うアイドル歌手になるという独自路線もあったのでは、と今にして思う。

 水着の魔法も歌の魔法も解けたけれど、彼女は今も女優として健在で、2月12日から始まる舞台『恋とか愛とか(仮)4』の東京公演に出演するなど、あの頃と変わらない美貌で活発な姿を見せてくれている。

(文・真実一郎 https://twitter.com/shinjitsuichiro

【関連記事】

・杏さゆり「舞台がキッカケで芸能界に入りたいと思ったんです」【写真29枚】独占告白1/8

・「伊藤万理華」が「まりっか」として外部作品にまで派生【乃木坂46「個人PVという実験場」第3回 4/4】

・乃木坂46白石麻衣の卒業シングルで選抜復帰した1期生のコメントがエモい!

・広末涼子、原田知世、大塚寧々ほか、アート関係者と結婚したアイドルの共通点は⁉「アイドルと結婚できる職業」第22回・アート関係者

・現役アイドル前田美里「坂道3グループのライブで盛り上がるのはこの曲!」【写真49枚】