■2月11日 わんこそば記念日 小原尚子

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 こちらの記念日は、わんこそば発祥の地と言われる岩手県花巻市にて、毎年開催されている全日本わんこそば選手権の開催日が、1980年以降は2月11日となっていることから制定された。そんな記念日には、同じ岩手県花巻市出身で自らを「わんこそばから生まれた 妖精(妖怪)さんです」と称する大食い美女・小原尚子をご紹介しよう。

 1994年生まれの彼女は、2017年に開催された全日本わんこそば選手権で準優勝(293杯)を果たし、その食べっぷりとともに、モデル級の美貌で注目を集めた存在。TBSのバラエティー番組『モニタリング』では“爆食三姉妹”の1人としても人気を集めている。また、独特のネガティブキャラも話題を集めており、今後、さらにバラエティー番組などでも目にする機会が増えそうだ。

【関連記事】

・“水着ファイター”杏さゆりがイギリス留学後に発表したグラビアアイドル歌謡史上に残る名曲

・日向坂46高瀬愛奈の「毒舌」の才能が開花したのは占いのおかげ!?

・欅坂46長沢菜々香の地元プレゼンでメンバーみんな「山形推し」に!

・杏さゆり「舞台がキッカケで芸能界に入りたいと思ったんです」【写真29枚】独占告白1/8

・「伊藤万理華」が「まりっか」として外部作品にまで派生【乃木坂46「個人PVという実験場」第3回 4/4】