平成アイドル水滸伝~宮沢りえから欅坂46まで~
平成アイドル水滸伝~宮沢りえから欅坂46まで~

平成アイドル水滸伝~宮沢りえから欅坂46まで~番外編『平成アイドル水滸伝~宮沢りえから欅坂46まで~』刊行に寄せて

 拙著『平成アイドル水滸伝~宮沢りえから欅坂46まで~』(双葉社)が2月19日に刊行されることとなった。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

「CM」「バラエティ」「グラビア」「ライブ」「映画」「ファン」など10余りのテーマ別に平成女性アイドルの生き様を列伝的にたどり直し、その存在の意味を考察したものだ。元々はこのEXwebでの同名連載をまとめたものだが、「女性アイドルにとって平成とはどんな時代だったのか?」と題した見取り図的な概説を書き下ろすなど、かなり加筆もしている。

 ここでは、私が今回の本で特になにを明らかにしたかったのか知っていただくとともに、令和に入り起こったいくつかの大きな出来事を踏まえつつ、いま刊行にあたって思うことを書いてみたい。

■“「アイドル冬の時代」と言わないアイドル史”を書く

 まず連載開始時、私のなかにあったのは「アイドル冬の時代」という表現への違和感だった。私は、“「アイドル冬の時代」と言わないアイドル史”を書いてみたかった。

「アイドル冬の時代」とは、おニャン子ブームが去った昭和の終わり頃からモーニング娘。が誕生した平成前半までの約10年間が女性アイドルの空白期間だったことを指す常套句である。

【関連記事】

・杏さゆり「最近は舞台の現場では完全に“姉さん”です(笑)」【写真29枚】独占告白8/8

・個人PV「拝啓、橋本奈々未様」で描かれる「アイドル」前後の人生【乃木坂46「個人PVという実験場」第4回 1/4】

・【川村那月/橘香恋】東京オートサロン2020を彩った美女たち#1【写真8枚】

・瀧本美織を輩出した人口最少の鳥取県出身グラドルは20年間不毛だった⁉

・現役アイドル前田美里「なぜか当選発表を忘れてるとチケットが当たるんです」【写真49枚】