■「生きづらさ」と向き合う平成女性アイドルの強さ

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 ただそんなコミュニティ志向の一方で、平成という時代には個人志向も高まった。既存のコミュニティに頼れなくなったからこそ、個としてのあるべき生きかたを誰もが自らの手で模索する。それが平成のもうひとつの顔だった。

 アイドルグループも同様だ。グループはお互いに助け合うコミュニティである一方で、個々のメンバーが切磋琢磨する場にもなった。AKB48グループが世間の注目を集めるきっかけとなった「AKB48選抜総選挙」は、いうまでもなくその象徴である。票数というシビアなかたちで序列が決められるこのイベントは、メンバーがそれぞれの生き様を主張する場であった。だからこそ、感動的なスピーチなど記憶に残る名場面も生まれた。

 コミュニティ志向と個人志向の対比は、あくまで比重の違いではあるが乃木坂46と欅坂46のあいだにもあると言えるだろう。

 乃木坂46に感じるのは、とても根源的なコミュニティ志向だ。それは単に仲が良いとかいうことではなく、彷徨える孤独な者たちにとっての居場所としてのコミュニティのありかを教えてくれるようなものだ。たとえば、「君の名は希望」や「シンクロニシティ」は、まさにそのような楽曲だろう。

 一方欅坂46には、個としてどう生きるかをぶれずに追求する個人志向の色彩が濃い。それは同時に、自分のなかにある絶望の深さをわかってくれない世間や大人たちへの反発として表現される。「サイレントマジョリティー」以来多くの楽曲において、彼女たちはたとえ周囲から孤立しても自分を曲げるなと主張し続けている。

【関連記事】

・杏さゆり「最近は舞台の現場では完全に“姉さん”です(笑)」【写真29枚】独占告白8/8

・個人PV「拝啓、橋本奈々未様」で描かれる「アイドル」前後の人生【乃木坂46「個人PVという実験場」第4回 1/4】

・【川村那月/橘香恋】東京オートサロン2020を彩った美女たち#1【写真8枚】

・瀧本美織を輩出した人口最少の鳥取県出身グラドルは20年間不毛だった⁉

・現役アイドル前田美里「なぜか当選発表を忘れてるとチケットが当たるんです」【写真49枚】