■子役出身、13期生としてお披露目され、チーム4へ

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 AKB48加入前には子役として、NHK連続テレビ小説『瞳』やミュージカルに出演していた村山。子役出身者と言えば、大島優子、向井地美音市川美織、HKT48・宮脇咲良矢吹奈子、そして3月発売の次期シングルでセンター抜擢が決まった山内瑞葵……とAKB48グループでは、間違いなく一定の成果を残してきた。幼い頃から芸事の世界の方法論や礼儀を学び、基礎ができあがっている分、成長も早いのだ。

 さらに、村山はタップダンスやバスケットボールに励んでスポーツ少女として学生時代を送ってきた。

 子役は小学生までで一段落させた時期にテレビで『AKBINGO!』(日本テレビ系)を見てAKB48にハマり、家でフリコピなどをしていると、母が勝手に応募してAKB48のオーディションに合格。2011年12月8日に13期生としてお披露目された。

 研究生として公演に励んでいた時期に1期生・峯岸みなみが研究生となり、一緒に公演に出ることに。人見知りな村山は当初は峯岸に緊張していたが、次第に打ち解けていった。そうして、2013年8月24日の「真夏のドームツアー」の東京ドームコンサートで正規メンバーへの昇格と、新たに結成された峯岸チーム4への所属が発表された。

【関連記事】

・AKB48村山彩希の本誌未掲載カット6枚を大公開!【EX大衆10月号】

・実はコント大好き・SKE48大場美奈「メンバーと“女子会あるある”がやりたい!」【写真23枚】独占告白4/4

・坂道グループ初の写真集『乃木坂派』に見るアイドルの「リアル」と「演出」の交錯

・AKB48柏木由紀の推しカップ麺は「ペヤング」と「どん兵衛」

・AKB48ゆうなあ単独公演開催「また2人で」指切りを交わす【写真11枚】

・永尾まりや「人がいない田舎町で」大胆になれちゃった【写真20枚】