■盟友・岡田奈々が19歳の生誕祭の時に送った手紙

【人気記事】東雲うみ「中学ぐらいからは、太宰(治)とか遠藤周作とか純文学にハマって(笑)」【独占告白2/9】【画像61枚】

 選抜総選挙で“戦わない”村山は多くのメンバーに慕われ、中でも岡田との「ゆうなぁ」として呼ばれる関係が定着してきた頃の村山の19歳の生誕祭が2016年6月17日に行われた。

 この日公演を休演した岡田が村山に手紙を寄せて、「私が泣いている時、いつもそばにいてくれて、悩みとか愚痴とかいつも聞いてくれて、どんな私もすんなり受け入れてくれて。嫌なことがあるとワンワン泣きながら『ゆうちゃん、ゆうちゃん』ってすぐに電話して困らせて、頼ってばかりでほんとごめんなさい。ゆうちゃんにいつも救われています」と感謝。

 また、「ゆうちゃんも今、つらいこと、苦しいこと、たくさんあると思います。そんな時はいつでも連絡してください。すぐ飛んでいきます。何だって聞きます。だって私、ゆうちゃんの人柄に惚れてますから」と愛をしたためた。

 最後に「優しくて、面倒見がよくて、恥ずかしがり屋で、意外と頑固で強がりなゆうちゃんが大好きです。P.S. もうお風呂覗いたりしないから。またお家に泊まりに来てください。早く会いたいです」と惜しみない愛情を届けた。

【関連記事】

・AKB48ゆうなあ単独公演開催「また2人で」指切りを交わす【写真11枚】

・実はコント大好き・SKE48大場美奈「メンバーと“女子会あるある”がやりたい!」【写真23枚】独占告白4/4

・坂道グループ初の写真集『乃木坂派』に見るアイドルの「リアル」と「演出」の交錯

・AKB48柏木由紀の推しカップ麺は「ペヤング」と「どん兵衛」

・AKB48ゆうなあ単独公演開催「また2人で」指切りを交わす【写真11枚】

・永尾まりや「人がいない田舎町で」大胆になれちゃった【写真20枚】