■村山プロデュース公演、苦渋の15人体制に「出られなかった3人は悔しさを努力に変えて頑張って」

【人気記事】最強クイーン・奈月セナ「中学3年生ぐらいで初めて受けたオーディションで染谷有香さんと一緒になって」【独占告白4/12】【画像10枚】

 各チームの公演に出演して、後輩との関係も深めていくなかで、村山は16期研究生による「レッツゴー研究生!」公演をプロデュースすることに。2017年7月28日に行われたマスコミ向けのゲネプロでは村山が、この公演が通常の16人体制ではなく、研究生の実力を考慮した結果、苦渋の決断で15人での公演になったことを涙ながらに報告した。

 外すのも親心で「研究生のときに、いろんなことを経験した方が正規メンバーになったときに踏ん張れる。できなくてもステージに立てるというのがメンバーへの甘やかしに繋がる」と自身も昇格までに時間がかかった彼女ならではの言葉で、経緯を説明。

 その上で「プロとして中途半端な気持ちではステージに立ってほしくないので、出られなかった3人には悔しさを努力に変えて頑張ってほしいです」と激励した。

 苦渋の決断を見せた村山。だが、彼女の親心は後輩たちに着実に伝わっており、16期生の浅井七海は755に「ゆいりさんはスキマ時間があれば16期生のことを考えてくださっています! だから、そんなゆいりさんを悲しませることは絶対にできないし、ゆいりさんを驚かせるくらい素敵なメンバーになりたい」と決意。道枝咲も「ゆいりさんと会うとどんな時でも笑顔になれる」と感謝をつづっている。

【関連記事】

・AKB48劇場牧野アンナプロデュース「ヤバいよ!ついて来れんのか?!」公演が開幕!【写真7枚】

・実はコント大好き・SKE48大場美奈「メンバーと“女子会あるある”がやりたい!」【写真23枚】独占告白4/4

・坂道グループ初の写真集『乃木坂派』に見るアイドルの「リアル」と「演出」の交錯

・AKB48柏木由紀の推しカップ麺は「ペヤング」と「どん兵衛」

・AKB48ゆうなあ単独公演開催「また2人で」指切りを交わす【写真11枚】

・永尾まりや「人がいない田舎町で」大胆になれちゃった【写真20枚】