■3月2日 遠山の金さんの日 渡辺麻友

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

“遠山の金さん”の愛称で知られる遠山左衛門尉景元が北町奉行に就任したのが、1840年のこの日だったことから。金さんと言えば時代劇屈指の人気者であり、これまでにもさまざまなドラマや映画で登場している。ここでは、中でも最近、TOKIOの松岡昌宏が主演を務めて話題を集めた『名奉行!遠山の金四郎』(TBS系)に出演した元AKB48メンバー・渡辺麻友をピックアップしよう。

 1994年生まれで2006年に第三期追加メンバーオーディションで合格。1年目から有力メンバーとして活躍し、「渡り廊下走り隊」などグループ内ユニットにも選抜された。総選挙では第1回の5位以降、常に高順位をマークし、2014年には悲願の1位も獲得。2017年いっぱいをもって同グループを卒業して以降は、女優として精力的な活動を展開している。

 そんな彼女が前出の時代劇に出演したのは、グループ卒業を間近に控えた2017年9月。遊び人にふんした金さんがひいきにする、馴染みの居酒屋「おかめ」の従業員という役どころ。サブキャラではあるが、そこはAKB48栄光のセンター。ここでも“看板娘”というポジションだった。

【関連記事】

・青島あきな「マンゴー乳」を継ぐ宮崎県出身のグラビアアイドルは現れる⁉

・小倉優子、市井紗耶香、優木まおみ…素顔を晒す相手と結婚したアイドルたち「アイドルと結婚できる職業」第23回・美容師ほか

・現役アイドル前田美里「平成最後のアイドル」の伝説が見られた【写真55枚】「坂道が好きだ!」第14回

・沢尻エリカのピュア時代を切り取ったラストイメージDVDは見ごたえ十分!

・NGT48結成キャプテン「カレーヲタ認定」北原里英も認める「バスセンターのカレー」