2010年2月6日の放映回は、いまでも強く印象に残っている。フジテレビのオフィスフロアを舞台に、働く社員の中を超ミニスカートの女子大生たちたちがこの歌を歌いながら歩き、その映像を、生放送なのにまるでミュージックビデオのように見事に繋ぎきっていた。テレビの底力を見せつけられたような気がした。

【人気記事】最強クイーン・奈月セナ「中学3年生ぐらいで初めて受けたオーディションで染谷有香さんと一緒になって」【独占告白4/12】【画像10枚】

 しかし最近、その映像を動画投稿サイトで再確認してみたところ、コメント欄に「オヤジの夢が詰まっててきもちわるい」という書き込みを見つけて我に返った。そう、この歌も、そしてこの番組自体も、2010年当時ですら時代錯誤感があったのだ。

 男だらけの職場に若い女性を軽装ではべらせ、卑猥な歌を笑顔で歌わせる。完全に昭和のオヤジ社会の宴会ファンタジーだ。10年後の今見ると、その気持ち悪さがよくわかる。作り手も視聴者も、テレビという箱庭で、内輪で楽しんでしまっていたのだ。

【関連記事】

・2020AKB48新時代アイドルユニット「IxR」が爆誕!【写真8枚】

・小倉優子、市井紗耶香、優木まおみ…素顔を晒す相手と結婚したアイドルたち「アイドルと結婚できる職業」第23回・美容師ほか

・現役アイドル前田美里「平成最後のアイドル」の伝説が見られた【写真55枚】「坂道が好きだ!」第14回

・3月1日「マヨネーズの日」は菜々緒とマヨネーズをかけたい!【記念日アイドルを探せ】

・沢尻エリカのピュア時代を切り取ったラストイメージDVDは見ごたえ十分!