佐々木希、横山由依、王林、岸明日香…方言がかわいい“ナマドル”を探せ!の画像
※紺野栞/画像は本サイトの記事(https://taishu.jp/articles/-/72597)より抜粋

 これまで、あまた生まれてきたアイドルのジャンル。巨乳グラドルはじめ依然好調を極めるジャンル、栄枯盛衰で勢いに翳りが出たもの(着エロなど)、再び注目を集めるようになったもの(樽ドルなど)など様々あるわけだが、そんな中、誕生以来、一定の支持、人気をキープし続けているのが、訛りや方言が魅力のアイドル、“ナマドル”だろう。

【人気記事】東雲うみ「大学時代はフィリピンに行って、親がいない子供たちと一緒にスラム街で寝泊まりしてました」【独占告白4/9】【画像61枚】

「元祖は2007年頃、キュートな宮崎弁でお馴染みだった巨乳グラドルの青島あきなですね。その後、青島同様にバラエティでも活躍した山形弁の佐藤唯、秋田弁の佐々木希、京都弁の森田涼花、大阪弁のKONANあたりがその呼称を担い、活躍。最近はりんご娘。の王林が代表格ですね。

 2010年代初頭には、静岡弁の宮内かれん、京都弁の田井中茉莉亜、広島弁の古崎瞳、秋田弁の浅倉結希、博多弁の鹿谷弥生らを擁した、訛りにとどまらない方言を軸にしたバラエティ番組『方言彼女。』(テレビ埼玉系)シリーズもありましたね」(アイドルライター)

【関連記事】

・松本さゆき「リアル峰不二子」を生んだ三重県出身のグラビアアイドルを探せ!

・長澤まさみ「早熟の16歳」の完成度が見えるラスト水着DVDを見よ!

・優香、小池栄子、井上和香、壇蜜…約20年にわたってトップ・グラドルを輩出した1980年生まれの凄さ

・「105cmバスト」紺野栞「月のもの」までぶっちゃけちゃうトーク魂!【写真48枚】独占告白1/15

・伊織いお、桜木美涼ほか「撮影会ブレイクアイドルの歴史」はイエローキャブ時代までさかのぼる⁉