90年代後半に始まった怒涛のグラドル・ブームにあって、逆にここまでグラドルを輩出してこなかったのは奇跡と呼びたい感も?

他の水着記事を読む

 ここまで読んでいただいてすでにお気づきの人もいると思われるが、香川県グラドル史(?)において、2014年こそがエポックメイキングな年だったと断定していいだろう。

 人口の多い首都圏や関西圏の県ならいざ知らず、小さな県の(再度言うように歴史的に不毛の)グラドル、そして、バストがここまで一気に話題を振りまいたのは異例の事態で、もう一歩二歩、展開が好転すれば分水嶺になっていたものとも思われ、残念な限り。

 とりわけ、汐留グラビア甲子園グランプリの岡瑞樹は、いまをときめく橋本梨菜青山ひかるらを制してグランプリに輝いたわけで、その後、作品のリリース展開に至らなかったことが悔やまれる。

【関連記事】

・長澤まさみ「早熟の16歳」の完成度が見えるラスト水着DVDを見よ!

・優香、小池栄子、井上和香、壇蜜…約20年にわたってトップ・グラドルを輩出した1980年生まれの凄さ

・伊織いお、桜木美涼ほか「撮影会ブレイクアイドルの歴史」はイエローキャブ時代までさかのぼる⁉

・小倉優香、真島なおみ、松嶋えいみ、日野アリス「9頭身グラドル」の系譜を探れ!!

・井上和香、ほしのあき、優木まおみ、壇蜜…グラビアアイドル“高齢もアリ”を作った功労者たち