一方、くだんの「全国バストランキング」についてだが、一応、発表当時は“巨乳No.1県”ということで一部メディアで報じられたものの、よくよく考えてみれば(考えてみなくても?)おわかりのように、これは「トップが95でアンダーが85」のケースと「トップが85でアンダーが75」のケースを同じと考えるデータ。

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 一般的に巨乳といえば“87、8センチ以上”と認知される中にあって、イマイチ乗れなかったグラドル・ファンがいたのは否めないだろう。巨乳県の流れに乗じて、3、4人Fカップ(85センチぐらいの大きさでも)の子が同県から誕生していれば、話は大きく変わっていたものとも思われるが……。

 とはいえ、かつて、和泉が「巨乳が多いのはうどんをたくさん食べているせいかも」と分析したように、名物のうどんを全面にフィーチャーしつつ、弾力(コシ)重視の“うどん乳”、“うどんパイ”といった呼称を謳うのは、十分にアリだろう(現時点の第一人者はもちろん、「ぶっかけが一番好き」と公言してやまない88センチ巨乳を有する和泉でキマリ)。

【関連記事】

・長澤まさみ「早熟の16歳」の完成度が見えるラスト水着DVDを見よ!

・優香、小池栄子、井上和香、壇蜜…約20年にわたってトップ・グラドルを輩出した1980年生まれの凄さ

・伊織いお、桜木美涼ほか「撮影会ブレイクアイドルの歴史」はイエローキャブ時代までさかのぼる⁉

・小倉優香、真島なおみ、松嶋えいみ、日野アリス「9頭身グラドル」の系譜を探れ!!

・井上和香、ほしのあき、優木まおみ、壇蜜…グラビアアイドル“高齢もアリ”を作った功労者たち