単純に短期間に胸が発育しただけ? とも考えたが、どうもそういうことではなさそうで、89年春から夏にかけて、両作は撮った時期がほぼ一緒とも思われ、現在のようなグラドルなどというカテゴリーがまったくなかった時代にあって、ビデオメーカーごとに独自の解釈でサイズを表記した可能性が高そう。

【人気記事】まいてぃ、四葉杏果…SNSをうまく使ったグラビアアイドルが2020年に輝いた理由【日本IV大賞2020座談会3/12】【画像3枚】

 とはいえ、いま、あらためて鑑賞するにあたって、そういった当時の細かい事情についての考慮は不要。本作での97センチというサイズはこれはもう素直に受け入れるべきで、見る限り、その数値はゆうに余裕であると断じていい(同じ97センチで身長もほぼ一緒のちとせよしのあたりと比べて遜色なし)。加えて言うなら、90センチというヒップは、バストとのバランスを考えると100センチ近くあると見るのが正しいと思われる。

 最初の必見シーンはなんといっても開始3分からの、紐ビキニ姿で浜辺を疾走するシーン。これぞ、今日に至るアイドルのイメージDVDにおける定番の浜辺ランの嚆矢!?  爆乳がビキニからポロリしてしまうんじゃないかというぐらいの激揺れを、正面から、斜め前から、横から、そしてスローも使ってカメラは追い、至れり尽くせりしっかり見せてくれる。

【関連記事】

・「105cmバスト」紺野栞「上京1年で芸能界を諦めて実家に戻ろうと…」【写真48枚】独占告白12/15

・松本さゆき「リアル峰不二子」を生んだ三重県出身のグラビアアイドルを探せ!

・長澤まさみ「早熟の16歳」の完成度が見えるラスト水着DVDを見よ!

・優香、小池栄子、井上和香、壇蜜…約20年にわたってトップ・グラドルを輩出した1980年生まれの凄さ

・青島あきな「マンゴー乳」を継ぐ宮崎県出身のグラビアアイドルは現れる⁉