10分台からの白色のチューブトップ調のビキニや、紺と黄色のハイレグ調のビキニ姿も新鮮で目映い。前者は、肌がこんがり小麦色になっているせいもあり、白が映えに映えまくってコントラストが絶妙だし(これまた長きにわたってグラビアでは定番とも呼べるホワイトビキニものの嚆矢か)、後者は、胸以外の刺激的な魅力も我々に気づかせてくれ、文字どおり、痒いところに手が届く感じの攻めの構成(攻勢)は見事というしかない。

他の水着記事を読む

 終盤の仰向け、うつ伏せポーズによる“寝”のシーンも味わい深い。胸のアップショットでは、日焼け跡が顕著にわかり、とりわけ、上胸全体の白っぽさとその周囲の小麦色具合のメリハリを堪能できる場面は、一緒に自分もそこに横たわって間近で直視しているかのような錯覚に。

 むろん、昨今のチャプター満載のイメージDVDと比べると物足りなさは否めないものの(収録時間は30分弱!)、いやいや、グラドル・レジェンドのデビュー時の、二十歳のときのボディを、30年の時間を経ていま満喫できるというのは、巨乳爆乳ファンとしては最高至福の冥利に尽きるというものだろう(なお、本作は2008年に復刻DVD化。好セールスを記録したことは特記しておきたい)。

【関連記事】

・「105cmバスト」紺野栞「上京1年で芸能界を諦めて実家に戻ろうと…」【写真48枚】独占告白12/15

・松本さゆき「リアル峰不二子」を生んだ三重県出身のグラビアアイドルを探せ!

・長澤まさみ「早熟の16歳」の完成度が見えるラスト水着DVDを見よ!

・優香、小池栄子、井上和香、壇蜜…約20年にわたってトップ・グラドルを輩出した1980年生まれの凄さ

・青島あきな「マンゴー乳」を継ぐ宮崎県出身のグラビアアイドルは現れる⁉