韓国では不正をすると徹底して叩く風潮があり、不正で合格した数名のメンバーがいるIZ*ONEは存在自体を認めない、という最悪の流れになり、K‐POP関係者からもこのまま休止して解散、という推測が強まった。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 12名のメンバーを決めるとき、ルックス系、コミカル系、ダンス系、歌唱力系といったパートを採用するのは、投票制では無理なところがあり、最初から投票だけで選ぶ、というのではなく、審査員の総合的判断、という項目を加えていたら、なんでもなかったのだ。

 不正グループというありがたくないあだ名までつけられたIZ*ONEは、人気の頂点で解散危機に追い込まれ、日本の紅白歌合戦初出場も確実と言われながら落選。

 AKBグループからオーディションに参加して合格した宮脇咲良矢吹奈子本田仁美の3名は、せっかく日本での人気を捨てて、単身韓国に乗り込みながら、突然、足元が崩壊してしまったのだから、同情しきりだった。

【関連記事】

・佐々木希、横山由依、王林、岸明日香…方言がかわいい“ナマドル”を探せ!

・かとうれいこ「デビューイベントは水着でも出演しました」【写真11枚】ズバリ本音で美女トーク2/4

・乃木坂46鈴木絢音が愛読するのは国語辞典⁉ 北川悠理は六法全書に挑戦

・紺野栞「カヌーに夢中だった少女」がグラビアアイドルを天職にするまで【全15話まとめ】【写真48枚】

・大原優乃、与田祐希、小坂菜緒「カバーガール大賞」の誌面未掲載カットを一挙公開!