3月17日「漫画週刊誌の日」は大原優乃のグラビアが見たい!【記念日アイドルを探せ】の画像
※大原優乃/画像は本サイトの記事(https://taishu.jp/articles/-/71657)より抜粋

 何気なく過ぎていく1日も、人類史を紐解いてみれば、それは奇跡と偶然に満ちたオンリー1なひとときに他ならない。果たして今日はどんな歴史的記念日なのか? そんなアニバーサリーな1日を、縁の深い美女とともに巡っていこう。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

■3月15日 靴の記念日 KOTO

 1870年の旧暦3月15日、日本で初めての西洋靴の工場が築地で開業したことにちなんだ記念日がこちら。ここでは、そんな靴の文化発展、および日本のモノづくりに注目すべく2015年から毎年開催されているイベント「JAPAN靴博」に縁の深いアイドルを取り上げてみたい。

 ソロアイドルとして活躍するKOTOは、1998年生まれの21歳。小学生時代からダンスパフォーマンスで頭角をあらわし、AKB48などのバックダンサーを務めた後、中学時代にキッズダンスがテーマの映画の主題歌で歌手デビュー。2年後にはソロデビューシングルも発売し、20代そこそこの若さでシングル25枚、アルバム3枚(ベスト盤含む)、ミニアルバム1枚を発表している早熟なアーティスト。

 アイドル界屈指のダンススキルを持つとあって、ライブ活動も精力的に行っており、「KOTO祭り」など自身が主催するイベントも多数開催している。そんな彼女が前出の「JAPAN靴博」と縁を持ったのは第2回となる2016年で、“禁断のコラボレーション”をテーマに、新進気鋭のデザイナーとのコラボレーションで世界に一足だけのオリジナル靴を製作した。

 自身も大の靴好きだと話すKOTOは、その後クラウドファンディングを活用してオリジナルの靴ブランド「vanilla bunnies」も立ち上げており、靴との縁が深い。彼女のパフォーマンスをご覧になる際は、ぜひ足元もチェックしてみてほしい。

【関連記事】

・乃木坂46遠藤さくらが表紙&グラビアに登場!4期生6名のミニフォトブックき【EX大衆4月号】は3月14日発売!

・大原優乃「オトナな私はどう?」色っぽいメイクで谷間をチラリ

・大原優乃、与田祐希、小坂菜緒「カバーガール大賞」の誌面未掲載カットを一挙公開!

・大原優乃が『漫画アクション』の表紙巻頭グラビアに登場! 【写真7枚】

・大原優乃の本誌未掲載カット14枚を大公開!【EX大衆2月号】