そんな彼女の待望の1stDVD(当時はVHSのほうが主流か?)が本作。1999年の東洋紡水着キャンペーンガール、2000年のアサヒビールイメージガールのキャンギャル二冠を経て、リリースされた1st写真集『遥かに愛しい君のこと…』(2000年6月)がジワジワとロング・セールスを記録し、注目の存在となっていた。

【人気記事】最強クイーン・奈月セナ「中学3年生ぐらいで初めて受けたオーディションで染谷有香さんと一緒になって」【独占告白4/12】【画像10枚】

 2000年夏から秋にかけてのグラビア界といえば、井川同様、東洋紡の水着キャンペーンガールに選出され、日テレジェニックにも輝いた(ともに2000年受賞)眞鍋かをりが一大ブレイクを果たしていたわけだが(彼女も長い年月を経て、10か月のサバ読みを告白)、キャンギャル初の王道グラドルがやけに眩しく、新しさを感じる時流で、その流れにピッタリ合致したのが彼女。勢いに乗っての待望の2nd写真集『Good vibration』と“同時期”発売でリリースされたのが本作だった。

 21世紀の幕開けに合わせるかのように池袋のサンシャインシティで行われた発売記念イベントでのファンやカメラ小僧たちの凄まじい動員と熱気がいまも忘れられないが(正確には写真集のイベントだったかもしれない)、そのとき現場にいて、“彼女の登場以前と以後ではシーンが大きく変わるぞ、これぞ、新たなグラドル史の胎動か!”といった興奮と感慨に打ち震えたことが思い起こされる。

【関連記事】

・清水みさと、為近あんな「奈良県出身グラドル」はあっけなくグラビア引退しがち⁉

・佐々木希、横山由依、王林、岸明日香…方言がかわいい“ナマドル”を探せ!

・「105cmバスト」紺野栞「あんらぶ気分」には深い意味はありません!【写真48枚】独占告白15/15

・永尾まりや、平嶋夏海、上西恵「AKBグループを卒業後グラビアで活躍する」アイドルたち

・優香、小池栄子、井上和香、壇蜜…約20年にわたってトップ・グラドルを輩出した1980年生まれの凄さ