Miss of Miss Campus Queen Contest2011ファイナリストや週刊ヤングジャンプギャルコンテスト2011準優勝を経て、一気にシーンに躍り出たのが橋本真帆。

他の水着記事を読む

 木村よろしく高身長(166センチ)を有したプロポーションと、紛うことなきギャル系の美貌から“ポスト佐々木希”(佐々木は上記の初代グランプリにして、身長は168センチ)の呼称を冠し、活躍。アイドル界きってのゲーム通を自認し、Jリーグやプロ野球好き(ともに仙台方面限定?)としても知られる存在。これまでリリースしたDVDはいずれも高評価を獲得しており、これを機に願わくば、2年(以上)ぶりとなる新作のリリースに期待したいものだが。

 続いても172センチの高身長と、92センチFカップの特上ボディで人気を博した楠城華子(元・六條華)。彼女の場合、その卓越したエロスな世界観に加え、東京大学法学部卒業というスペックもあいまって、無比無双の存在感を発揮。掟破りの刺青ヌード、金箔ヌードなどでも大きな話題になった。

 当時、運よくインタビューをさせていただく機会に恵まれた筆者だが、硬派な(笑)イメージとは裏腹に、サバサバした性格と柔和な喋りで驚かされたことも思い起こされる。時代がもう少し遅ければ、壇蜜あたりとのライバル関係での(2人は同年齢)活躍が見られた感もあり、唐突なフェードアウトは残念だった。

【関連記事】

・新垣結衣「17歳時のファースト写真集付録DVD」におさめられたピュアな動く水着姿

・佐々木希、横山由依、王林、岸明日香…方言がかわいい“ナマドル”を探せ!

・かとうれいこの改名前に発売された水着映像作品はアイドルイメージDVDの定番シーンを作り上げた⁉

・「105cmバスト」紺野栞「あんらぶ気分」には深い意味はありません!【写真48枚】独占告白15/15

・永尾まりや、平嶋夏海、上西恵「AKBグループを卒業後グラビアで活躍する」アイドルたち