VenusFilm Vol.1 川崎あや
※画像は『VenusFilm Vol.1 川崎あや』[DVD]より

 2020年3月14日をもって、かねてからの宣言どおりシーンから去ってしまった川崎あや。人気絶頂で惜しむ声が増す中での異例の引退劇となったわけだが、ここでは彼女の歩みと、最後の決断にいたる凄みを考察してみたい。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

「人気絶頂の中での引退という意味では、かつての山口百恵やキャンディーズあたりの名前が思い起こされますが、当然のようにジャンルが異なり、比較して語るのは難しいでしょう。やはり、グラドルというステージで語らないと具合が悪く、その点で振り返ると、ここまで人気絶頂の中、潔く清々しい形での引退というのは聞いたことがない。

 あと、彼女の硬い決意を聞く限り、復帰はないものと思われますが、グラビア界では引退しても名前を変えて復帰するのが昔から一つのパターンですし、芸能界引退ならぬ“グラビア引退宣言”ですら順守されてないのが実情ですから(苦笑)」(アイドル評論家・三橋りの氏)

【関連記事】

・井川遥キャンギャルを経てグラドル大ブレイク時の1stDVDはハプニング満載⁉

・紺野栞、西田麻衣、桐山瑠衣ほかデビュー後バストサイズが大きくなったグラドルは⁉

・清水みさと、為近あんな「奈良県出身グラドル」はあっけなくグラビア引退しがち⁉

・佐々木希、横山由依、王林、岸明日香…方言がかわいい“ナマドル”を探せ!

・「105cmバスト」紺野栞「あんらぶ気分」には深い意味はありません!【写真48枚】独占告白15/15