「足つぼマット」のところまでは若干渡邉にリードをされていたのだが、次の「フラフープ縄跳び」でその小さい体を活かした高速ジャンプで一気に渡邊を追い越し、そのまま圧倒的な差をつけてゴールしたのである。この森田の活躍により「障害物競争」はスモールチームが勝利し、番組を大いに盛り上げたのだった。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 ちなみに、森田は番組内で2週に渡って「ちっちゃくても負けないぞ」とコメントし意気込んでいたのだが、おそらくこれは今回の企画に対してだけでなく、彼女が常日頃から思っていることなのだろう。最近ではイオンカードの新CMのソロシーンが話題になったりと注目が集まっている森田であるが、その持ち前の負けん気でこれからどんな活躍を見せるのか。楽しみにしているファンも多いに違いない。

(文・鎌形剛)
 

【関連記事】

・欅坂46山崎天の本誌未掲載カット4枚を大公開!【EX大衆4月号】

・現役アイドル前田美里が注目していた坂道研修生は誰⁉【写真51枚】「坂道が好きだ!」第17回

・知っている、好きな、彼女にしたい…欅坂46ランキングまとめ

・欅坂46関有美子「爺や」イジりされた“超絶お嬢様”エピソード

・今泉佑唯「気持ちよさそう!」スケスケ衣装で水面をプカプカ