■おニャン子クラブ

 おニャン子クラブの『じゃあね』(86年)はグループにとって3枚目のシングルで、中島美春の卒業ソング。あえて「じゃあね」という軽いフレーズを使うことで、切なさが増すという秋元康による歌詞が見事だ。「グループからの卒業」と「卒業ソング」がリンクするようになったのはおニャン子クラブから。87年には国生さゆり、内海和子、高井麻巳子の卒業ソングとして『春一番が吹く頃に』が作られている。こちらはピアノ伴奏によるしっとりした曲だ。

【人気記事】東雲うみ「アニメ観たことなかったのに「何これカッコイイな」って思ってガンプラを買っちゃったんです」【独占告白8/9】【画像61枚】

 ほかにもおニャン子クラブからは福永恵規『March』、内海和子『桜が手を振る前に』、うしろ髪ひかれ隊『立つ鳥跡を濁さず』(すべて87年)といった卒業ソングが生まれている。

文●大貫真之介

(EX大衆4月号 アイドルと卒業ソング【80年代編】)

【関連記事】

・福江菜々華「プリプリ真ん丸ヒップ」現役RQがTバック姿で決めポーズ

・椿原愛、万理華くらい⁉ 少数精鋭の富山県出身グラドルを探せ!

・大川成美「元銀行員グラドル」スーツの下はむっちむちボディ!【写真24枚】

・現役アイドル前田美里「メンバーが加入したら熱血キャラをチェックします」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第19回

・舞子「お尻もムッチムチ!」若さあふれる18歳が見返りショットで魅了