かといって、子役時代のイメージのままでは、俳優として仕事を続けることは難しい。世間のイメージと、成長した身体と、自身の商品価値と、アイデンティティと。その間で絶妙なバランスをとりながら、独自に道を切り開いていかなければならないはずだ。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 福原もまた、今が模索期なのだろう。番組は福原を「ただいま少女と大人の真ん中あたり」と紹介する。彼女自身も、こう語る。

「まいん終わってから、結構悩んで。この先なにやってくんだろうなって、すごい考えてた時期だったので。これが一番の強みですっていうものがあると思ってないんで。それを早く見つけたいなというか」

 福原は今年、歌手活動に力を入れるという。この3月にも新曲「透明クリア」を発表した。番組は後半、新曲の制作過程にも密着する。詞を書くにあたり「福原の今を知っておきたい」と、作詞家が彼女に質問を投げかけるシーンがあった。

 やってみたい役はないですか? 少し夢が漠然としているので、もっと絞ってみてくれませんか? 彼女の頭の中を、胸の内を聞き出そうとする。

【関連記事】

・松田聖子、菊池桃子…アイドルと卒業ソングの関係性【80年代編】

・那珂川もこ「東京に来て自分はお酒強いんだって思いました」【写真54枚】【独占告白6/12】

・現役アイドル前田美里「メンバーが加入したら熱血キャラをチェックします」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第19回

・吉木りさが2年連続上位を占めた『セキララ』シリーズは“きわどさ重視”の手法が決め手だった

・小澤愛実「バルーンアートに愛されることはできるのか⁉」【写真78枚】【連載】ラストアイドルのすっぴん!vol.17