7年という長さもあり、その間に登場し、話題を呼んだアイドルは数知れずいるが、中でも印象的な子といえば?

【人気記事】東雲うみ「『水曜日のダウンタウン』では関係者の方とかタレントさんにものすごい目で見られて(笑)」【独占告白1/9】【画像61枚】

「DVDの内容とイベント時であまりに体型が違っていることを告白、“土偶”のニックネームを授けられ一躍話題の人と化した水樹たま(2013年)、DVDのジャケ写が毎回Y字バランスばかりであることを反省した永井里菜(2013年)、リリースしたDVDの枚数を水増ししたことなどを反省した浜田翔子(2014年)、霊感が強すぎると告白しながらも売名疑惑で話題を呼ぶこととなった西田麻衣(2015年)、グラドルながらブツブツな肌荒れでお尻の汚さを反省した青山ひかる(2016年)、苦労話がウソだらけだったと反省した塩地美澄(2019年)などでしょうか。グラドルならではの大胆強烈な内容の反省は、あらためて振り返っても感服モノです」(芸能ライター・織田祐二氏)

 反省の衝撃度では歌手系のアイドルも負けじと???

【関連記事】

・椿原愛、万理華くらい⁉ 少数精鋭の富山県出身グラドルを探せ!

・吉木りさが2年連続上位を占めた『セキララ』シリーズは“きわどさ重視”の手法が決め手だった

・川崎あや“令和初のグラドルレジェンド”の潔すぎる引退劇の裏側にあった「グラビア=ゴール」の価値観

・紺野栞、西田麻衣、桐山瑠衣ほかデビュー後バストサイズが大きくなったグラドルは⁉

・永尾まりや、平嶋夏海、上西恵「AKBグループを卒業後グラビアで活躍する」アイドルたち