7年という長期の長さにあって番組内容はまったく変わっておらず、ネタ不足や、売名疑惑的な反省も危惧されていますが、ことアイドルに限っては絶妙なレベルを保っている印象で(笑)、依然注目。話題独占のさらなるニューフェイスの登場にも期待を寄せたいところです」(前出・織田氏)

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 動画配信サービスのHuluなどでは、過去の放送が限定ながらも随時見られる仕組み。外出の自粛ムードが日に日に高まる昨今、この機会にアイドルの痛快な登場回ばかりをまとめて見てみるなんてのも一興だろう。

(文・ニイゼキユウジ)

【関連記事】

・椿原愛、万理華くらい⁉ 少数精鋭の富山県出身グラドルを探せ!

・吉木りさが2年連続上位を占めた『セキララ』シリーズは“きわどさ重視”の手法が決め手だった

・川崎あや“令和初のグラドルレジェンド”の潔すぎる引退劇の裏側にあった「グラビア=ゴール」の価値観

・紺野栞、西田麻衣、桐山瑠衣ほかデビュー後バストサイズが大きくなったグラドルは⁉

・永尾まりや、平嶋夏海、上西恵「AKBグループを卒業後グラビアで活躍する」アイドルたち