「アイドル“冬の時代”を括弧つきで考える平成アイドル史」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 1/14の画像
※画像は『GOLDEN☆BEST 東京パフォーマンスドール』より

社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 1/14

 今年、『平成アイドル水滸伝〜宮沢りえから欅坂46まで〜』(双葉社)を上辞した社会学者・著述家の太田省一氏が、「おたく」という言葉の生みの親であり、80年代よりアイドルを批評し続けてきたアイドル評論家・作家の中森明夫氏を迎え、平成のアイドルについて激論を展開。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 アイドル批評の分野で2大論客ともいえる両者が、この30年間のアイドルシーンをアカデミックに分析する。昭和からのアイドルマニア、アイドル史を詳しく理解したい平成アイドルファン、どちらも必読だ。

■アイドルがテレビから消えた時代にライブアイドルが生まれた

──太田先生の『平成アイドル水滸伝』には、冒頭に2つの前提が記されています。1つは「平成アイドルがホームレスとして始まった」、それからもう1つは、「“アイドル冬の時代”とは言わない」。昭和、平成とアイドルを俯瞰し続けて来られたお2人に、まずは、そのあたりからお話いただければと思います。

太田 その2つの前提というのは、根本的につながっているんです。“冬の時代”っていうのは、アイドル史を語る際にずっと言われてきたことで、僕もそれを受け止めていました。確かに、おニャン子クラブが解散してから、その後もWinkあたりはいるにはいましたが、モーニング娘。がドカ~ンと売れるまでは、“女性アイドル歌手というものをあまり見なくなった”という感覚はありましたよね。

 まあ、そういう観点では“冬の時代”なんですけども、一方で、その時代でもライブアイドル的な存在がいた訳です。代表的な存在として東京パフォーマンスドール(*1)がいて……中森さんの方がよく御存じかと思いますが、ほかにもいろいろといた。そうした意味で、“冬の時代”ではなかったんじゃないかということですね。

【関連記事】

・伊藤万理華と『はじまりか、』まりっかの生みの親!福島真希・節夫妻が語る1/3

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・生駒里奈、西野七瀬…アイドルと卒業ソングの関係性【乃木坂46編】

・小澤愛実「風船屋さん、猫カフェで愛を知る素敵な出会い」【写真57枚】【連載】ラストアイドルのすっぴん!vol.18

・現役OLグラドル古河由衣「またずれ荘」の向かいの竹林でタケノコ掘って食べてました【写真39枚】【独占告白1/8】