──だからこそ、テレビの歌番組が消えていったとも言えますね。

【人気記事】東雲うみ「中学ぐらいからは、太宰(治)とか遠藤周作とか純文学にハマって(笑)」【独占告白2/9】【画像61枚】

太田 社会的に言うと、敗戦から復興しようというということで、60年代からの高度経済成長があり、その頃から歌謡曲がテレビと共に国民の娯楽になっていく訳です。そういった流れのなかで、中森さんがおっしゃったように『スター誕生!』が始まったり、南沙織がデビューした。

 それまでは、歌手は歌が上手くなくちゃいけないというのがあった訳ですが、そうではなくて、成長していくプロセスを楽しんでいくアイドルというものがテレビから出てくる。それは同時にテレビというメディアにも合っていたと思うんです。それこそ、『スター誕生!』というオーディション番組で、予選から始まって、合格して、レッスンを積んでデビューしていく流れを見せるというのは、テレビとマッチしていた。

 高度経済成長で日本が豊かになっていく、そのなかで、テレビが娯楽の中心として、だんだん力が大きくなっていく。それで、そこに歌謡曲があり、さらにそこにアイドルというものがあったんですね。ところが、昭和が終わって、バブルが弾けて、それまでのシステムが機能不全となりかかったことで、従来の形でのアイドルが消えていくことになったということだと思います。

中森 アイドルというのはメディアを通して大衆に存在を知られ、好きになってもらうものですが、そのメディアの圧倒的な存在がテレビだったし、テレビの時代が長かったということでしょうね。実際、『NHK紅白歌合戦』は、昭和の時代にはとてつもない視聴率を稼いでいた訳です。

【関連記事】

・伊藤万理華と『はじまりか、』まりっかの生みの親!福島真希・節夫妻が語る1/3

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・生駒里奈、西野七瀬…アイドルと卒業ソングの関係性【乃木坂46編】

・小澤愛実「風船屋さん、猫カフェで愛を知る素敵な出会い」【写真57枚】【連載】ラストアイドルのすっぴん!vol.18

・現役OLグラドル古河由衣「またずれ荘」の向かいの竹林でタケノコ掘って食べてました【写真39枚】【独占告白1/8】