出演者は距離をとっているけれど、スタッフとの距離は近くなってしまっている。視聴者に注意喚起をしつつも、普段どおりにスタッフが運んだ食べ物で食レポをしている。外出自粛のメッセージを発しつつも、自分もこうやってテレビ局に足を運んでしまっている。なんだかおかしいとは思うけれど、おかしいと言うことがおかしいという雰囲気もある――。

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 テレビの枠の内側には映らない、その少し外側で起こっているおかしなこと。指原はときに、こうやってテレビに直接映らないテレビの不思議を機敏に察知し、言及する。

 さまざまな人が繰り返し指摘していることだけれど、”アイドルらしくないアイドル”がアイドルの存在様式の中心にきてしばらく経つ。いるだけで周りがアイドルと呼んでくれる時代から、自分がどのようにアイドルをしているかを周りに表現する時代へと変わった。そんなアイドルとしての生存戦略を本人が語り示すことも、アイドルというエンタメの一部になった。その行き着いた先に、AKBの総選挙があった。

 その総選挙で3連覇、通算4回の得票数1位を獲得した指原。2010年代のアイドルの象徴的な存在である彼女は、コロナ禍でのテレビ収録について「いつまでやんの?」と言った。その状況察知の鋭さを、改めて思う。

(文・飲用てれび)

【関連記事】

・那珂川もこ「胸の“おりこうさん度”は一番だと思います(笑)」【写真54枚】【独占告白12/12】

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・生駒里奈、西野七瀬…アイドルと卒業ソングの関係性【乃木坂46編】

・小倉優子「こりん星」大ブレイク前夜にリリースされたスク水押しのDVDが傑作だった!

・4位は安位薫、1位は乃木坂46メンバー?「SNS記事」2020年3月の人気ランキング