高木由莉愛
高木由莉愛

高木由莉愛 独占インタビュー1/10

 現役アイドルとして祭囃子系グループ「JAPANARIZM」(ジャパナリズム)のリーダーを務める一方で、イベントプロデューサーとして自身の名を冠した対バンイベント「TAKAKI IDOL FESTIVAL」も主催している高木由莉愛(たかきゆりあ)さん。

【写真】高木由莉愛「アイドルとイベントプロデューサー」になるまでの道【写真35枚】【独占告白1/10】

 EXwebではそんな彼女にロングインタビューを行い、その人物像やアイドル観に迫りました。第1回の今回は、「TAKAKI IDOL FESTIVAL」の誕生秘話についての話をお届けします。

――2月24日に開催された「TAKAKI IDOL FESTIVAL」では自らが所属するグループや企画ユニットも含めて計36組のアイドルさんが出演していました。出演者も全部自分で選んでいるとのことですが、そもそもイベント主催者になるきっかけは何だったんですか?

 最初は自分のためだけに作ったイベントだったんですよ! 一昨年の自分の生誕祭(2018年11月8日)のときに「TAKAKI IDOL FESTIVAL」っていうタイトルのイベントを初めてやったんですけど、そのときは「自分の生誕イベントだし好きなユニットさんを集めてやろう!」みたいなノリでした(笑)。それでやってみたら思いのほかファンの人にも「いいトコついてきてるね!」みたいに言われたので(笑)。そこから自分にしかできないイベントを作ってみたいと思ってやり始めました。

【関連記事】

・堀未央奈の「個人PV」「センター楽曲」「齋藤飛鳥とのデュオ」で個性を発揮させた映像監督の存在【乃木坂46「個人PVという実験場」第6回 1/5】

・指原莉乃がコロナ禍の渦中にあるテレビ収録でつぶやいた「いつまでやんの?」の鋭さ

・那珂川もこ「胸の“おりこうさん度”は一番だと思います(笑)」【写真54枚】【独占告白12/12】

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・生駒里奈、西野七瀬…アイドルと卒業ソングの関係性【乃木坂46編】