少し前に、“立川志らくの元アイドル妻が弟子と不倫”といった旨の報道があった。志らくが数少ない、“アイドルと結婚した落語家”であることは確かだが、その、“元アイドル妻”酒井莉加は、知る人ぞ知る、かなりマニアックな存在だ。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 彼女は、「LinkLinkLink」なる3人組グループの元メンバーで、デビューは、モーニング娘。が女性アイドルシーンの覇者だった2000年だ。Webマガジンとのタイアップで生まれたグループで、IT時代に先駆けたイメージで売ったが、ほとんどメジャーな活動はナシ。のちの“アイドル戦国時代”の幕開けを待たずに終わってしまった。

 それから、独身ネタをウリにしていた『笑点』司会者の春風亭昇太が19年に59歳で結婚した相手は、元宝塚歌劇団の女性だった。……落語家の例はこの程度である。

■幻に終わった国民的人気力士と国民的アイドルの結婚

 次は大相撲の力士だ。プロ野球選手やプロサッカー選手に比べると、“アイドルと結婚できる”率はかなり低い。

 もっともメジャーなのが、80年代に活躍した大関・若嶋津(現:年寄・二所ノ関)が、70年代アイドルで80年代には『私はピアノ』『そんなヒロシに騙されて』などヒットで知られる高田みづえ(85年)と結婚した例だろう。

【関連記事】

・スマイレージ、こぶしファクトリー…ハロプロにおける卒業ソングの存在意義2/3

・「広末涼子が“清純派”を貫けなかった時代の悲劇」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 3/14

・水樹たま、永井里菜、浜田翔子、青山ひかる他『有吉反省会』で話題をさらったアイドルたち

・現役OLグラドル古河由衣「グラビアで“居場所”を見つけられました」【写真39枚】【独占告白8/8】

・めがね(丸尾佳代 役)が語る「『ハイポジ』の現場」【写真14枚】『ハイポジオフィシャルブック』発売記念インタビュー!