■いずれも狭き門、門をくぐってもイバラの道で“アイドルとの結婚”狙いならオススメできない

 ということで、数の少なさから判断すると、“アイドルとの結婚”を目的に、落語家、力士、棋士を目指すことはあまりオススメできない。“アイドル戦国時代”の登場人物たちも今はどんどん結婚している。しかし、あれだけ数がいても、まだ、これらの職業の男性と結婚した例は見当たらない。

【人気記事】最強クイーン・奈月セナ「中学3年生ぐらいで初めて受けたオーディションで染谷有香さんと一緒になって」【独占告白4/12】【画像10枚】

 それでも、“アイドルとの結婚”も目指し、厳しい勝負の世界で己を磨きたいという奇特な方のために、それぞれの職業につくための一般的なルートについて簡潔にまとめたい。

 基本的に、落語は師匠に弟子入りする、力士は相撲部屋に入門する必要がある。団体に属さいないフリーの落語家はわずかに存在するが、大相撲にはプロレスのようなフリーランサーはありえない。なので、入門は必須だ。

【関連記事】

・スマイレージ、こぶしファクトリー…ハロプロにおける卒業ソングの存在意義2/3

・「広末涼子が“清純派”を貫けなかった時代の悲劇」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 3/14

・水樹たま、永井里菜、浜田翔子、青山ひかる他『有吉反省会』で話題をさらったアイドルたち

・現役OLグラドル古河由衣「グラビアで“居場所”を見つけられました」【写真39枚】【独占告白8/8】

・めがね(丸尾佳代 役)が語る「『ハイポジ』の現場」【写真14枚】『ハイポジオフィシャルブック』発売記念インタビュー!