もし窓口通常料金の1800円にプラス1000円の指定席料、ドリンクMとポップコーンMのセット680円を支払うとなると、1本の鑑賞で3000円をゆうに超える。ロードショーを観てもむろん一般席、しかも映画の日に1100円と決めている、ぼくなどとはエラい違いだ。

【人気記事】最強クイーン・奈月セナ「中学3年生ぐらいで初めて受けたオーディションで染谷有香さんと一緒になって」【独占告白4/12】【画像10枚】

 映画館のロビーに漂うポップコーンの匂いは蠱惑的だが、今やSサイズでも320円(TOHOの場合)するので、スナックもドリンクも当然コンビニで買い込む。それらが300円としても、映画代込みで総額1400円なので、ものすごく差を付けられた感あり……。まぁ、ぼくなどは暇さえあれば名画座通い。ならせば月単位でも相当額を注ぎ込んでいるので、フードの節約はマストだ。

 というわけで、各映画館のポップコーンの食べ比べはさすがにしたことがなく、それこそTOHOシネマズでたまの贅沢を楽しむくらい。東宝系のほうが映画自体、ロードショー向きの大作イメージがありますからね。ただ、某ブロガーの比較レビューを見ると、TOHOシネマズがそれぞれ5点満点で味4.2点、サイズ感5点、価格設定5点と他を圧している。どうもぼくも彼女も、知らず知らずに正しい選択をしていたみたいだ。

【関連記事】

・元AKB48永尾まりや「太ももが全部まる見え!」座りながらダラダラお着替え

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・前田敦子、大島優子、指原莉乃…アイドルと卒業ソングの関係性【AKB48編】

・元AKB48平田梨奈「妖艶下着姿」でカーテンからこんにちは!

・水樹たま、永井里菜、浜田翔子、青山ひかる他『有吉反省会』で話題をさらったアイドルたち