■アイドルとポップコーンには親和性がある⁉

 もっとも、彼女にも「塩派」と自称しながら、このトークではキャラメルを食べるいう、どっちつかずの面があり、そこは激しくツッコミたくもなるのだが、弾けるポップコーンの匂いは確かに辺りに幸せをバラ撒く。ロードショー館に来たなあと嬉しくもなるのだ。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 13年2月には、AKB48のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の公開を記念し、全国のTOHOシネマズにて「ぱるるの“塩対応”味ポップコーン&ドリンク コンボセット」が限定販売されたこともあった。

 “塩対応”で名高い島崎遙香をイメージした塩味ポップコーンに、AKB48美術部部長の片山陽加によるイラスト入り(映画タイトルのデザインは研究生の平田梨奈……いずれも当時)のドリンクカップをセットにし、1300円もした。

 HKT48にも3期生9人だけで構成される「ポップコーンチルドレン」というユニットがあって、『微笑みポップコーン』というシングルB面の曲を歌ったが、あらためてPVを見ると、この面子はカワユス。

【関連記事】

・元AKB48永尾まりや「太ももが全部まる見え!」座りながらダラダラお着替え

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・前田敦子、大島優子、指原莉乃…アイドルと卒業ソングの関係性【AKB48編】

・元AKB48平田梨奈「妖艶下着姿」でカーテンからこんにちは!

・水樹たま、永井里菜、浜田翔子、青山ひかる他『有吉反省会』で話題をさらったアイドルたち