高木由莉愛
高木由莉愛

高木由莉愛 独占インタビュー10/10

 現役アイドルとして祭囃子系グループ「JAPANARIZM」(ジャパナリズム)のリーダーを務める一方で、イベントプロデューサーとして自身の名を冠した対バンイベント「TAKAKI IDOL FESTIVAL」も主催している高木由莉愛(たかきゆりあ)さん。

【写真】高木由莉愛「アイドルとしてまだまだやり残したことがあります!」【写真35枚】【独占告白10/10】

 EXwebではそんな彼女にロングインタビューを行い、その人物像やアイドル観に迫りました。第10回(最終回)の今回は「将来の目標」についての話をお届けします。

――高木さんがアイドル活動を始めてからもうすぐ丸9年が経ちますが、まだまだ現役でやり続けようと思っていますか?

 思ってます。まだユニットとしての目標も達成できてないですし、それこそ本家の「TIF」にも出たことがないので。「TIF」がゴールではないんですけど、そこにも立って、もっと大きな箱でワンマンもやりたいですし……。やり残したことがまだまだあり過ぎるので辞められないです。

――9年も活動していると、たくさんのアイドル仲間が卒業するところを見てきたんじゃないかと思います。付き合いの長いアイドルさんがどんどん減ってしまうというのはどんな気持ちですか?

 すごく寂しいですね。私、東京に友達いないので、アイドルしか友達がいないんですよ(笑)。その友達がどんどんアイドルを辞めていっちゃうから、東京で4年やってるだけでこんなにも周りが変わってきちゃうんだなと思って。特に大分出身でサンミュージック・アカデミーのときから知り合いだった東江ひかり(元・SAY―LA)ちゃんが卒業したときは思うところがありましたね。ひかりちゃんは26とか27とか、アラサーになっても続けていたんですよ。

【関連記事】

・堀未央奈の「個人PV」「センター楽曲」「齋藤飛鳥とのデュオ」で個性を発揮させた映像監督の存在【乃木坂46「個人PVという実験場」第6回 1/5】

・指原莉乃がコロナ禍の渦中にあるテレビ収録でつぶやいた「いつまでやんの?」の鋭さ

・那珂川もこ「胸の“おりこうさん度”は一番だと思います(笑)」【写真54枚】【独占告白12/12】

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・生駒里奈、西野七瀬…アイドルと卒業ソングの関係性【乃木坂46編】