──表裏一体だということですね。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

太田 フィクションの主役っていう形であるからこそ、時代の空気を察知して、先取りして、“新しいこんな生き方もあるよ”とか、“こんな考え方もあるよ”みたいなことを示してくれるのがアイドルだと思えます。

 リアル化していった動きがあった反面で、今は、フィクションっていうのをもう一度取り戻しているというか、そういったプロセスっていうものが、もう一方であるんじゃないかなと。特にここ最近の流れみたいに思いますね。

 リアルな時代のなかで、理想というか、希望の形というか、目的地というか、そういったものを示せる存在。そういったものとして、僕らは常にアイドルというものを応援できる気がしますね。

中森 我々の大先輩である稲増龍夫先生(*1)が、昭和が終わった直後ぐらいに、『アイドル工学』(筑摩書房)という本を出されて、その帯に「アイドルは虚構だから美しい」というメッセージがありましたよね。まさに、それを思わせますね、30年経って。

太田 そこは本質のような気がしますね。そして、フィクションでありながらリアルであるというのが平成のアイドルだと思います。

【関連記事】

・伊藤万理華と『はじまりか、』まりっかの生みの親!福島真希・節夫妻が語る1/3

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・生駒里奈、西野七瀬…アイドルと卒業ソングの関係性【乃木坂46編】

・小澤愛実「風船屋さん、猫カフェで愛を知る素敵な出会い」【写真57枚】【連載】ラストアイドルのすっぴん!vol.18

・現役OLグラドル古河由衣「またずれ荘」の向かいの竹林でタケノコ掘って食べてました【写真39枚】【独占告白1/8】