韓国のアイドルは欧米的なショービジネスをモデルにしているから、完成されたものを提供するという。それに対して、日本は未完成なものを愛でる文化。それが少なくとも融合している面も出ているんですよね。それが日本的なものが薄れていくのか、うまくハイブリッドなものになっていくのか? そこに注目していますね。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

中森 僕は最近、JO1と豆柴の大群(*3)について原稿を書いたんですね。JO1のプロデューサーは国民プロデューサー(*4)で、豆柴の大群は安田大サーカスのクロちゃんですよ。つまり、ジャニーさんが亡くなって国民プロデューサーになり、秋元康ではなくクロちゃんになるという、“案外、令和ってこういう感じなのかな?”なんて思ったんですよね。

 豆柴の大群を生んだ『水曜日のダウンタウン』(TBS系)は、『ASAYAN』(テレビ東京系)のようなリアリティショー的な番組的な要素が久々にあってね。まあ、どこまで演出か分からないですが(笑)。

太田 あの番組は、藤井健太郎さんっていう、昔のテリー伊藤さんみたいな人の演出ですよね。リアリティショーといっても、アイドルのほうではなく、プロデューサーのほうに光をあてたのが新しかったんですね。

 プロデューサーが、いかにゲスなことを考えているか、やましいことをやろうとしているかとか、そうした構造において、まさにクロちゃんという人は適材適所でしたね。見事に露悪的に見せたというところあってね。それをみんなが面白がる訳ですよね。まあ、BiSHの売り出し方なんかもそうですよね。

 気持ちは荒んでいるんだけど、それを激しく表現することをしないのが平成だとしたら、令和はその部分をパフォーマンスしていくというのが新しいかもしれませんね。

【関連記事】

・伊藤万理華と『はじまりか、』まりっかの生みの親!福島真希・節夫妻が語る1/3

・現役アイドル前田美里「ファンの推し具合で抜擢があるのが楽しみ!」【写真51枚】「坂道が好きだ!」第20回

・生駒里奈、西野七瀬…アイドルと卒業ソングの関係性【乃木坂46編】

・小澤愛実「風船屋さん、猫カフェで愛を知る素敵な出会い」【写真57枚】【連載】ラストアイドルのすっぴん!vol.18

・現役OLグラドル古河由衣「またずれ荘」の向かいの竹林でタケノコ掘って食べてました【写真39枚】【独占告白1/8】