女優とバラエティタレントの二兎を追う松岡。それが一兎も得ずになりそうにないのは、一方での活躍がもう一方での活躍につながるような、そんな好循環があるように見えるためだ。彼女は最近、トークゲストとして出演した『あさイチ』(NHK総合、2020年4月3日)でこんなことを語った。

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

「いつも思うのは、MC席のアシスタント席に立たせてもらうからには、俳優としてのキャリアも上がっていけば、その番組の全体のバランスも上がるだろうと思って。どっちもつながってるなと思ってます」

 女優業とバラエティ業を往復しながら、松岡は自身のポジションを徐々に高めている。その先にあるのは、彼女はよく自身の目標として語る「女版・八嶋智人」だろう。

 バラエティ番組のメインMCも務める俳優。女性としてまだほとんど誰も座っていないポジション。多くの人に見えているけれど多くの人がたどり着けないその席に、彼女は着実に、少しずつ近づいている。

(文・飲用てれび)

【関連記事】

・高木由莉愛「人並外れたコミュニケーション能力」を養った少女時代【写真35枚】【独占告白3/10】

・「山口百恵、おニャン子クラブ、坂道すべてにかかわっていた秋元康という存在」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 7/14

・欅坂46小林由依&森田ひかるが表紙&グラビアに登場!2人の両面クリアファイル、両面ポスターつき【EX大衆5月号】は4月15日発売!

・立川志らく、林家三平、元若島津、羽生善治…数少ないアイドルと結婚した落語家、力士、棋士たち「アイドルと結婚できる職業」第25回・番外編

・現役アイドル前田美里「衣装を着てライブに行くとレスがもらえるんです!」【写真56枚】「坂道が好きだ!」第21回