Amazonのレビューを見ると、辛めの感想と点数を与えている者も見受けられるものの、星2つ以下は全体の20%ということで、あまり気にしなくていいだろう。そもそも、冷静に考えれば、三愛イメージガールおよびレースクイーン・オブ・ザ・イヤー出身ということで、山本梓杉本有美木下優樹菜(以上、三愛)、吉岡美穂森下千里大矢真夕(以上、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー)らの流れで考えなければいけないわけで、彼女だけに過激な作風を求めるのはナンセンスというもの。1stのクオリティの比較の意味では、間違いなく本作に軍配が上がると言っていい。

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 なんといっても、彼女のイメージDVDは本作のみ。いまからちょうど10年前の若き姿をこの機会に満喫しておくのも妙案だろう。

(文・織田祐二)
 

【関連記事】

・紗雪「布団に潜ってツンツン」初めてのノーブラ撮影でドキドキ【写真39枚】

・お嬢様グラドル白宮奈々「グラビアをやる前は女優中心に活動してました」【写真35枚】【独占告白1/11】

・森咲智美「アメちゃんペロペロ」もっともっと過激に攻めちゃいます【写真34枚】

・石岡真衣「ホースでグルグル巻きに」一周回ってエッチだなって【写真43枚】

・日向葵衣「眼帯ビキニで洗ってあげる」裸エプロンがやりたかった!【写真36枚】

アイドルイメージDVD名作図鑑