向井葉月のフォローで1ボケ

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 バナナマンたちが廊下を進んでいると、楽屋で別れたはずの向井葉月が数人のメンバーたちと共に突然登場。すると向井が「2年前の仙台(ライブロケ)で全然喋れなかったから今日挽回しに来たんですけど、何も喋ることなくて……」と言いながら突然泣き出し、手に持っていたイチゴサンドを設楽に渡したため、それを見た松村が「それ朝の(ケータリング)みたいなんで食べない方が良いかも」と1ボケする。向井に注目が集まっているなかで自分のこともオイシくさせていた。

■影ナレでバナナマンに歌のフリ

 今回もバナナマンが潜入企画恒例の影ナレを松村・中田花奈和田まあやと共に行っていたのだが、本番直前に日村が「前回『チューリップ』(童謡)歌ったんだよな?」と言うと、松村が大胆にも設楽に「今回『ロード』(THE虎舞竜)歌います?」と提案する。予期せぬフリにさすがの設楽も最初は戸惑っていたようだが、松村が振ったことによって設楽には『ロード』を、さらに設楽の提案によって日村にも『田園』(玉置浩二)を歌わせて客席を盛り上げることに成功していた。

 おそらく設楽に歌のフリが出来るメンバーなど、最も付き合いが長い1期生のなかでも松村くらいしかいないだろう。

(文・鎌形剛)

【関連記事】

・【プレゼント】欅坂46小林由依ほかアイドル直筆サイン入りチェキ等が194名に当たる!

・高木由莉愛「大分のアイドル時代は基本的にリーダーをやってました」【写真35枚】【独占告白4/10】

・堀未央奈、伊藤万理華、井上小百合ほかの作品でオムニバスの趣を作り上げる手法【乃木坂46「個人PVという実験場」第6回 2/5】

・「山口百恵、おニャン子クラブ、坂道すべてにかかわっていた秋元康という存在」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 7/14

・欅坂46小林由依&森田ひかるが表紙&グラビアに登場!2人の両面クリアファイル、両面ポスターつき【EX大衆5月号】は4月15日発売!