音羽紀香
※音羽紀香/画像は本サイトの記事(https://taishu.jp/articles/-/68977)より抜粋

「グラビア甲子園 都道府県代表決定戦」島根県編

 各都道府県出身のグラビアアイドルを調べ、その中で代表を決めてしまおうという新企画「グラビア甲子園」が始動。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 出雲大社、出雲そば、石見銀山遺跡などでお馴染みの島根県。お隣、鳥取県の次に人口が少ない県というわけですが、グラドルの輩出状況はいかに? 世界的トップテニスプレーヤーの錦織圭を生んだ県でもあり、意外性に期待してみたところ……。

1 池田裕子
2 ますきあこ
3 青山愛子
4 音羽紀香

 顔ぶれはこんな感じ。4名はいかにも少ないが、人口の少なさを考えると予想はしてたものの、それでも、ミスFLASHのグランプリ(池田裕子・2013年)と準グランプリ(ますきあこ・2006年)の2人を輩出していることは掛け値なしに見事といえよう。

 池田裕子は、同栄冠の当たり年ともいうべき回の受賞で(ほかの2人は階戸瑠李永井里菜)、その独特のエキセントリックなキャラもあいまって、2000年代前半における“グラドル冬の時期(仮)”を少なからず盛り上げてくれた存在。

【関連記事】

・工藤唯「彼シャツの下はすっぽんぽん」Jカップ娘のスリル満点ボディ【写真37枚】

・椎名香奈江「30間近で制服着ちゃった」乳が美しく出てます【写真36枚】

・紗雪「布団に潜ってツンツン」初めてのノーブラ撮影でドキドキ【写真39枚】

・お嬢様グラドル白宮奈々「グラビアをやる前は女優中心に活動してました」【写真35枚】【独占告白1/11】

・森咲智美「アメちゃんペロペロ」もっともっと過激に攻めちゃいます【写真34枚】