ちなみに『バカ殿』はスペシャル番組として1986年からスタートしているが、元々は『8時だョ!全員集合』(1985年9月で終了)内の一コントであり、スペシャル番組シリーズ『ドリフ大爆笑』でもお馴染みになっていたもの。ドリフ世代の芸能ライターの織田祐二氏も語る。

【人気記事】“童顔巨乳”桜木こなみ「わがままボディ」を限界露出【画像11枚】

由紀さおりに始まる年齢詐称のお決まりの笑いの流れや、キレイな腰元の手をひっぱって、『爺、布団をひけ』というパターンは何度見ても笑えますよね。グラドルといえば、元祖的存在と呼べるアグネス・ラムもしっかり出演していたという事実も特筆です。

『ドリフ大爆笑』への出演ということで、志村だけがコントで絡んだわけではないですが、バカ殿の後ろに着物姿で彼女が佇んでる姿はグッとくるものがありますね。そうして、80年代以降も、堀江しのぶかとうれいこ細川ふみえらを次々に起用。

 当初はアイドル歌手全盛期ということで、まだまだ歌手系の力が大きかったですが、90年代後半からのグラドル・ブームの流れに、いち早く芸人として乗じたのはさすがと言わざるえません」

『バカ殿』といえば、グラドルのお色気シーンも見どころの一つ。

【関連記事】

・「グローバル化する社会の中で日本のアイドルはどう変わっていくのか」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 13/14

・現役アイドル前田美里「歌番組はフォーメーションやパフォーマンスより衣装が気になる」【写真56枚】「坂道が好きだ!」第22回

・高木由莉愛が語るプリクラ合成写真事件の真相【写真35枚】【独占告白8/10】

・菜々緒が唯一リリースしたイメージDVDは意外にも過激だった!

・指原莉乃が課金で尽くしてきたが…苦境に陥るステーキチェーンは⁉