たとえば、中岡が力説するのは彼女のコメント力。資料映像で流された過去の『アメトーーク!』の映像では、「みちょぱ的には(俺らは男として)ないの?」と問う40代の男性芸人たちに対し、「いや、あると思ってたんですか?」とひと言で返していた。「いや」という何気ない一呼吸。「ない」ではなく「あると思ってたんですか」を選ぶワードセンス。こう返された芸人たちはただ苦笑する以外になかった。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 同番組は放送後、ネット上で少し話題になった。その中には、みちょぱに対する芸人たちの評価が「セクハラではないか」との批判もあった。番組で語られた内容には、下ネタも上手に受け流せるみちょぱはスゴイ、というような評価も含んでいて、そのあたりは確かに見ていてモヤッとした。

 実際、バラエティ番組に出るみちょぱは、多くの下ネタを受け入れているように見える。同世代の女性タレントの中でも、その寛容度はとても高いはずだ。

 ただ、自身へのセクハラに最も否定的なのもみちょぱのはずだ。番組でも触れられた「いや、あると思ってたんですか?」との切り返しもそうだし、クロちゃんのアンモラルな言動に対して、テレビの中で繰り返し露骨な嫌悪感を示しているのも彼女だ。

【関連記事】

・大和田南那が『漫画アクション』の表紙巻頭グラビアに登場!【写真8枚】

・高木由莉愛「アイドルとしてまだまだやり残したことがあります!」【写真35枚】【独占告白10/10】

・「過渡期の平成を生き抜いたあとに残る多様性をアイドルが象徴する」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 14/14

・お嬢様グラドル白宮奈々「仕送りも毎回振り込まれるんですけどちゃんと働いていました」【写真35枚】【独占告白6/11】

・現役アイドル前田美里「歌番組はフォーメーションやパフォーマンスより衣装が気になる」【写真56枚】「坂道が好きだ!」第22回