■4月27日 哲学の日 原田まりる

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 古代ギリシアの哲学者・ソクラテスが、毒杯によって死刑に処されたのが紀元前399年のこの日。ということで、ここではアイドルから哲学の道へ進んだ、異色の美女を取り上げよう。

 原田まりるは1985年生まれで、高校卒業後に芸能界へ。2005年度のレース・クイーン・オブ・ザ・イヤーでグランプリを獲得し、2008年にはアイドルグループ・中野風女シスターズに加入。翌年からは風男塾の一員としても活動した。

 2013年にグループを卒業、翌年に事務所も退所すると、同年10月に『私の体を鞭打つ言葉』で作家デビューを果たし、以来、物書きや哲学ナビゲーターを主戦場に活動を続けている。

 2016年に上梓した『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』で京都本大賞受賞、昨年発表した著書『ぴぷる』はドラマ化が決定している。アイドルから文筆家へと、華麗なる転身を遂げた彼女だが、実は大学在学時に教授から、本を出すには変わった経歴があると良いと聞き、芸能界を志したというエピソードも。現在の姿こそ、彼女の本領のようだ。

【関連記事】

・高木由莉愛「アイドルとしてまだまだやり残したことがあります!」【写真35枚】【独占告白10/10】

・「過渡期の平成を生き抜いたあとに残る多様性をアイドルが象徴する」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 14/14

・音羽紀香を生んだ「島根県出身グラドル」はミスFLASH受賞率高し!?

・お嬢様グラドル白宮奈々「仕送りも毎回振り込まれるんですけどちゃんと働いていました」【写真35枚】【独占告白6/11】

・菜々緒が唯一リリースしたイメージDVDは意外にも過激だった!