■書類審査までは誰にでもチャンスがあるジャニーズ事務所のオーディション

 さて、最後に“アイドルと結婚するために”アイドルになる方法……それも高確率で“アイドルと結婚できる”ジャニーズ事務所に絞ってまとめておきたい。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 ジャニーズ事務所から、トップアイドルを目指すにはジャニーズJr.に入るのが第一歩。そこからふるいにかけられていき、メジャーデビューできるのは氷山の一角に過ぎない……という構図は多くの方がご存知だろう。

 なかには、短期間でデビューした例もあるが、ジャニーズJr.である程度の下積み期間が経るのが通常パターンであり、そこから先は厳しい生存競争が待っている。

 では、ジャニーズJr.に入るのはどうすればいいか? これは極めてシンプルで、オーディションに合格すればいい。ただし、そのオーディションが、いつ、どこで、どのように行われているかは一切、公表されていない。公式サイトによれば、開催は不定期のようで、随時、オーディション参加者の募集はなされている。つまり、門戸は常に開かれているのだ。応募者は、履歴書と、写真3枚(全身、上半身、顔)を送ればいいようだ。

 さて、“アイドルと結婚するため”にアイドル目指す人にとって、気になるのは応募資格だろう。ここで、朗報がある。ジャニーズ事務所の募集要項には、応募資格の記載はない。年齢制限もないとされている。つまり、「書類審査をパスできるのか?」という巨大な問題を横において考えると、少なくとも、“アイドルと結婚するためにアイドルになる道”のスタート地点には、誰でも立てるのである。

 夢が広がる話である。

◎2020年4月22日現在。芸名、所属などは当時。〈*〉はすでに離婚。文中敬称略。

【関連記事】

・壇蜜が『私の奴隷になりなさい』で囁いた主題歌『fade』をいまこそ聞きたい

・乃木坂46大園桃子の本誌未掲載カット4枚を大公開!【EX大衆5月号】

・西野七瀬、深川麻衣、橋本奈々未作品でも描かれる「あの屋上」の意味【乃木坂46「個人PVという実験場」第6回 3/5】

・みちょぱ「お笑い第7世代」の一角を占める⁉ 自身の中にある明確なOK/NGの線引き

・小嶋陽菜「ナマ脚出血大サービス!」部屋着で誕生日をお祝い