芦屋芽依
芦屋芽依

Gカップグラドル芦屋芽依独占インタビュー4/12

 不思議な存在感と圧倒的ボディで人気を博すグラビアアイドルの芦屋芽依ちゃんにロングインタビュー。12回にわたってお届けします。

【写真】Gカップグラドル芦屋芽依「胸は中学生くらいのときから気づいたらありました」【写真13枚】【独占告白4/12】

――でもやっぱり芽依さんのグラドルとしての魅力はその胸やボディだと思います。これまで「豊満バストを大胆披露!」「揺れるGカップ必見」「ぽよぽよG乳」とか、いろんな形容で書かれていますが、そういうのを見て、ご自身で思うことなどは?

 あんまり見ないんです(苦笑)。

――ファンの人からの反応、反響などかなりありそうですが。

 でも、嬉しいことだったらいいけど、イヤなこと書かれてたらイヤだしー。

――エゴサは全然しない?

 見なくていいや、ってあんま興味ない。

――他人に自分がどう思われるかは……。

 あんまり興味ない(笑)。

――DVDの発売記念イベントとかでのファンとのやりとりなどは? さすがにアンチの人は来ないと思いますが。

 イベントとかは好きで来てくれる人が……、みんなだいたい、たぶんそうなんで(笑)。まあ、できてる(こなせてる)……。

――胸についてですか、学生時代から大きい?

 気づいたら、ありました……(苦笑)。

――気づいたのはいつぐらい?

 中学生のときはあったから。小学生はわかんないけど。

――自分で気づいた感じですか? 

 周りから、言われて、「あ、あるー」みたいな。

――体育のときとか、部活のときとかに言われた?

 そんな感じですね。

――最初の大きさって憶えてます?

 えー、わかんない。全然測ってなかったんで。お母さんが買ってきてくれたヤツをテキトーにつけて(笑)。

――ちなみにお母さんは……。

 お母さんもあるんです(笑)。

――じゃあ、完全に遺伝ということですね。おばあちゃんは?

 おばあちゃんはわかんない(苦笑)。

――さすがにおばあちゃんのまでは……。

 おばあちゃんのは萎んでる(苦笑)。

――大きくて、コンプレックスとかは?

 ああ、やっぱり中学のときはイヤだった(苦笑)。

――高校ぐらいになったら見方も変わってきたと?

 徐々に……。

――クラスの男子の視線などは?

 男子よりも周りのちっちゃい女の子に、めっちゃ、「そんなにあるのー?」って(笑)。

――羨ましがられて?

 うーん、めんどくさかった(笑)。女の子のほうがめんどくさかった。いろいろ触られたり……。


(取材・文=織田祐二)


PROFILE

芦屋芽依(あしやめい)

2000年2月27日生まれ、埼玉県出身。

T155B94W60H88

趣味/食べ歩き、ディズニー

特技/リアクションがいい意味で薄い

詳細はアイドルワンのサイトをチェック!

【関連記事】

・古河由衣「口説きたくなる」癒し系色気ボディは必見!【写真7枚】

・早川みゆき「次世代美脚クイーン」の生足に目が離せないっ!【写真10枚】

・室井ゆう「躍動するEカップ!」いもうと系アイドル初のDVD!【写真8枚】

・橋本梨菜「ハワイが趣味」情熱を秘めた日焼け肌がたまらない!【写真13枚】

・葉月つばさ「イ・ケ・ナ・イ純朴娘」激萌え方言女子が限界露出【写真9枚】

・桜木美涼「妹系童顔美女」がもっちもち柔肌を大胆披露!【写真7枚】