■橋本マナミ、小倉優香、熊田曜子も!

浅川梨奈小倉優香大原優乃わちみなみあたりの怒涛の活躍は激賞しておきたいところ。さらに、グラドルならではのセクシー重視という意味で、壇蜜に対抗すべく“愛人キャラ”でブレイクした橋本マナミ、女子アナ出身にして過激グラビアを継続中の脊山麻理子、3人の子供のママになっても“レジェンド”として依然活躍を続ける熊田曜子などの奮闘ぶりもしかり。新世代グラドルのひとつの指標となるべき存在として、頼もしい限りです!」(ニイゼキ氏)

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 グラドルにとって、極めて激動だった平成の時代が終わり(グラドルのほぼ全歴史が凝縮されているといってもあながち言い過ぎではない)、令和の時代がスタート。今後、シーンがどのような推移を辿っていくかは誰も知る由もないが、前述のような目下の顔ぶれや活況を目の当たりするにあたり、当面危惧する事案は何もないと言っていいだろう。平成の全盛期を凌駕するようなシーンの発展を願いつつ、グラドルを楽しみ続けたい!

(純粋「平成グラビアアイドル」【受難の時代】)

【関連記事】

・Gカップ芦屋芽依「こういう仕事に興味なかったんですけど、ノリで始めました」【写真13枚】【独占告白1/12】

・出口亜梨沙「ホステス役で出演することがなぜか多くて(笑)」【写真6枚】ズバリ本音で美女トーク1/5

・“あざかわ”夏本あさみ「専門学校に通ってたときにたくさん資格を取りました」【写真45枚】【独占告白7/12】

・“あざかわ”夏本あさみ「DVDは私が一生背負っていく作品なのでタイトルは自分で考えます」【写真45枚】【独占告白6/12】

・現役アイドル前田美里「欅坂のスカートはキレイな円を描けるように開き方も計算されている」【写真56枚】「坂道が好きだ!」第23回