森川は語る。挑戦するときは「私、絶対出来る」と思っている。達人が成功までに半年かかった技だろうが関係ない。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

「出来ることは、いつだって出来る」

 もちろん、特に水切りやスポーツスタッキングに挑戦した際には、諦めずに100回以上石を投げ続けたり、200回以上もカップを積んだり崩したりする彼女の姿があった。そこには並々ならぬ努力が見えた。しかし、結局最後には、その道の達人と肩を並べるレベルにまで、短時間で己の力量を高めてしまうのだ。

 努力ではカバーできない非凡な才能。そう言わざるを得ないものがここにはある。堺正章の“ミスターかくし芸”の称号を継ぐとしたら彼女しかいない。中山秀征や恵俊彰のわけがない。そう思わせるものがある。

“努力”するさまを見るのも楽しいが、“才能”を見せつけられるのも面白い。達人たちを次々となぎ倒していく爽快な森川の姿を見て、そう思った。


(文・飲用てれび)

【関連記事】

・優香、釈由美子、眞鍋かをり…「グラビアアイドルビックバン」大流行を起こした人々

・橋本奈々未「ないものねだり」個人PVにあるストレートな作品性【乃木坂46「個人PVという実験場」第6回 5/5】

・4位は夏来唯、1位は現役看護師?「SNS記事」2020年4月の人気ランキング

・吉沢さりぃ、結城ちか「山梨県出身グラドル」はバスト100cm級が2人もいた!

・現役アイドル前田美里「先輩メンバーの衣装をポジションとともに受け継いだりするのがエモい」【写真56枚】「坂道が好きだ!」第24回