マックをはじめ、ハンバーガーやフライドチキンなどのファストフードチェーンでは、そもそも売上の半分以上がドライブスルーを含むテイクアウトで占められる。本業がテイクアウトでイートインはおまけと言ってもいい。そこへマックなどはコーヒーに力を入れ、「店でもくつろげる」という方向を打ち出してきたのが昨今の流れだ。

【写真】大島優子がCM撮影後我慢できずに2、3個食べてしまったビッグマックの美味さ

 しかし、コロナが本道に立ち返らせたと言えるのかもしれない。オッサンになるにつれ、マックの利用頻度が落ち、今では年に2〜3回しか入店しないぼくでも、コロナの憂さ晴らしに、テイクアウト大人食いはありかも……と思ってしまう。そして、そんな時に食べたいメニューの筆頭は、やっぱりビッグマック(390円)だ。このビッグマックが大好物で、17年にはCMにまで登場したのが元AKBの大島優子だった。

 同年6月3日から始まった「ビッグマック祭り」のお披露目イベントに登場した優子は、普段からテイクアウトで買うと語り、「口いっぱいに含んでガブって食べることが好き」と満面の笑顔を見せた。しかし、CM撮影時にはちょっともどかしい思いをしたそうで、というのも、「ひと噛みずつのカット撮るのでおあずけ状態だった」から。全部食べられずに欲求が溜まっていて、撮影終了後、「いただきますと2、3個いただきました」とか。

 ビッグマック1個のカロリーは525kcalもあるのよ。サイゼリヤでいえば「アラビアータ」、大戸屋なら「ランチ定食」のおかず単品に匹敵するカロリー。

【関連記事】

・園都、佐々木麻衣「徳島県出身グラドル」の特徴とは⁉

・優香「コギャルブーム時代」の小麦色の肌がまぶしい名作DVDをいまこそ見たい!

・小倉優子「りんごももか姫」もこなすサービス精神の持ち主は他人にも求めるものが大きい【美女の運勢占います!】

・小島瑠璃子、壇蜜、筧美和子…「純グラビアアイドル受難の時代」を生きたアイドルたち

・“あざかわ”夏本あさみがグラドル界で唯一無二の場所を見つけるまで【全12話まとめ】【写真45枚】