※画像はBisのCD『My Ixxx』より
※画像はBiSのCD『My Ixxx』より

 AKB48ブレイクとともに迎えたアイドル戦国時代。アイドルを見て、たくさんの勇気をもらった者。その生き様に感動し、心震えた者。また、彼女たちの中には、いま第一線で活躍するアイドルの道標となった者もいる。先駆者なくしていまのアイドル界はないと言っても過言ではない。2020年を迎えたいま、アイドルに精通する著名人とともに「2010年代最強アイドル」は誰だったのか、徹底的に考えようじゃないか。

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

■ライター 南波一海「イカレ具合が突出しているチャーミングな人」

 ソロシンガーとしてデビューするも鳴かず飛ばずでアイドルに転身、新生アイドル研究会BiSを結成。現WACKの渡辺淳之介をブレーンに据え、全裸で樹海を駆ける『My Ixxx』のMVを始め、数々の無茶な行ないで耳目を集め、アイドルブームのアウトサイドから狂乱の渦を作り出していきました。

“残酷ショー”と呼ばれたAKB48の選抜総選挙ともまた違う過酷なエンタメは、あらゆる意味で(特にコンプライアンスの点で)10年代にしか成し得なかったことだと思います。当然のように脱退するメンバーが続出する中、負荷を凌ぎながら先頭に立ち続けていたのがプー・ルイでした。

 解散後、(乱暴な書き方になりますが)BiSのアウトな部分は受け継がないBiSHが誕生、いまや超人気グループに。豆柴の大群の躍進なども開拓者がいてこそのことなので、ここに挙げさせていただきました。

【関連記事】

・熊田曜子、プー・ルイ、戸田れい他「自分のワキ事情」を語ったアイドルたち

・白宮奈々「ミニマムボディにたわわ果実」魅せる美肌【写真10枚】

・Gカップグラドル芦屋芽依「表情は、前よりがんばってるかなーって思います」【写真13枚】【独占告白11/12】

・安藤遥「女医さんが脱いだら……」セクシーな格好をたくさんしました【写真38枚】

・ゆうみ「子どもの父親を誘惑!」胸にテープを巻いてベッドで迫っちゃう【写真36枚】

・清水あいり「胸元がぱっくり開いてる」競泳水着から飛び出しかけちゃった【写真30枚】